必要にあわせて考えられる浄水器の選び方三選

お手軽簡単!蛇口直結型の浄水器

浄水器といっても、その種類は様々なものが販売されています。浄水器のニーズは人それぞれに違いがあり、水を利用する環境によって適した機器の選び方が必要です。代表的であるのは、蛇口直結型の浄水器です。水を利用するには蛇口が一般的であることから、その蛇口の部分に直接浄水器を接続するという種類の機器ですね。簡単に取り付けられる点に魅力があり、値段についても買い求めやすい価格帯である製品が数多く販売されています。

スペース有効利用!ビルトイン型で選ぶ浄水器のタイプ

水の利用では、できるだけ蛇口の周囲はシンプルである方がいいでしょう。そこで、水の利用において邪魔にならないシンクの下に、浄水器を設置するタイプがあります。ビルトイン型の浄水器は、設置スペースの制約が緩やかであるため、機能面で優れています。大型のカートリッジの取り付けが可能であり、メンテナンスの手間をできるだけ省くことができます。また、濾過することができる水の量が多いといったメリットも評価できますね。

濾過水の幅広い利用が可能!?セントラル型の浄水器

浄水器は、飲用水のために用いることが多いです。しかし、セントラル型の浄水器であれば、住まいで使用する水全体の浄水が可能です。住宅などに供給される水道管に対して、セントラルタイプの浄水器を直結することで、強力で大量に水の濾過を行います。そのため、蛇口だけでなく、浴室や洗面台といった場所で使用する水についても、濾過済みの水が使えるといった魅力があるのです。濾過できる水量は非常に多く、意識することなく綺麗な水が使えます。

家庭用の浄水器は水道水の塩素臭を除去する用途があります。口当たりが良い水に変えることが出来る一方で消毒作用が低下してしまうので、使い切る量だけを濾過するように心がけます。