小鳥を飼っている人のための意外なコピー用紙の使い方

コピー用紙は小鳥の飼育に使える

コピー用紙は印刷するためだけではなく、ペットのために役立つことがあります。特にインコを始めとする小鳥を飼っている人には良いアイテムです。例えば、鳥かごの下にはフンや餌の殻などが鳥の足につかないようにするためのフン切り網というものがあり、その下に紙を置いてゴミを集めるのですが、その時にコピー用紙は使えます。普通は新聞紙などを使いますが、コピー用紙は白いので鳥のフンの状態がよく分かり、健康チェックが簡単に出来ます。

インコは紙を千切るのが好き

鳥の種類によっては巣を作る材料として紙をくちばしで器用に千切るものもいます。放し飼いにしている時に油断をしていると部屋の至るところにある紙を千切られることもありますが、本能を無理やり止めさせるのは鳥にとってストレスになるので、そんな時は使用前のコピー用紙を与えましょう。何かが印刷された紙を千切ることは、少なからずインクを口にすることになるので健康に良くありません。インクの中には重金属を含むものもあるので、何も印刷されていないコピー用紙は、鳥にとってとても良い巣の材料になります。

折っておもちゃをつくる

使用前のコピー用紙は鳥にとって無害であることから、コピー用紙で折り紙を折っておもちゃとして与えるというアイディアもあります。我が家のコザクラインコはこのおもちゃが好きで、しょっちゅうかじって遊んでいます。平面的な作品よりは立体的なものの方が遊び甲斐があるらしく、つるや小鳥などを折ると楽しそうに遊んでいます。また、箱を折るとその中に入るのでとてもかわいいです。コピー用紙は安価で大きさの種類も豊富なので、アイディア次第で鳥が喜ぶものに変身しますよ。

オフィスに欠かせないものの一つが印刷に使われるコピー用紙ですが、質の悪いものを使うと紙詰まりを起こします。