風評被害が拡がるのって、やっぱりインターネットのせい?

風評被害って、何が本当の原因なんでしょう?

2011年3月11日の東日本大震災と、その後の津波により、東北地方を中心に甚大な被害が発生しました。とりわけ、福島第一原発の事故に伴う放射能汚染が原因となり、東北地方のみならず、日本の広い範囲の農作物や水産物が今も風評被害に苦しめられています。科学的な根拠なしに、日本産の農産物や水産物を輸入禁止にする国は、まだ多くあり、日本国内においても、福島産の農作物に対する風評被害は、完全になくなっていないのが現状です。いったい、どこに原因があるのでしょうか?

漠然とした恐怖は無知から生まれます

私たち人間は、未知のものに対し、本能的に防御しようという反応を示します。放射能のように、目に見えないけれど、漠然とその危険について聞かされている、といった場合、まず避けようと反射的に動いてしまいます。また、根拠のない話や噂をうのみにして、それをまた他の人に伝える、といった行動パターンは昔も今もなくなりません。それによって、多くに人が傷つくことになっても、そこに思いが至らない、ということが未知の恐怖に相対した際に起こります。でも、それって、正しい知識を持つことで避けられるのではないでしょうか?

インターネット上に氾濫する風評被害も根っこは同じ

インターネットが普及し、だれでも簡単にネットの世界に参加することができる今の時代、この風評被害の質と量が深刻化しています。その最大の理由は、匿名性についての未成熟な理解があると専門家は指摘しています。正しい知識を持たず、悪意を持った人が、特定の個人や企業に対して、風評被害を発生させる目的で情報を流すことも増加しています。幸い、最近は、これらの風評被害をインターネット上で解決するための対策を提供する会社が登場しています。さまざまな風評被害を収めるための具体的な対策ノウハウを持つ専門家の協力で、出来るだけ多くの被害が減少するよう望まれます。

ネットの風評被害対策とは、掲示板やブログ、その他情報配信サービスから生まれた風評被害の元を断つことです。