家の開放感を保ちながら、プライバシーを守るには

開放感を求めると、外からの視線が入ってくる

明るく開放的な家や空間は、誰もが憧れるのではないでしょうか。開放さを追究すると、プライバシーの確保という問題に直面します。道路沿いの家では、明るく日当たりも良いですが、通行する人の視線を遮る必要が出てきます。隣の家と隣接していると、プライバシーの関係からお風呂場やトイレの間取りにも影響が出くる場合もあるでしょう。開放的な空間とプライバシーの確保というふたつを両立させるには、いくつかの方法があります。

窓を高いところに持ってくる

開放的な空間には、窓は欠かせません。外からの視線を遮るために、カーテンやすだれといったものを窓につけるという簡単な方法もありますが、それでは外の景色が見えないため、開放的な空間になるかというと、そうではない場合が多いようです。そこでお勧めなのが、窓を上の方につけるというものです。壁自体が目隠しとなるため、カーテンなどをつけなくてもプライバシーの確保ができます。隣の家の2階からの視線も遮ることができるので、住宅街などでも活用できる技です。

視線が気になる側に、中庭をつくる

土地があると、なるべくその土地を広々と使い、大きな家を建てた方が開放感がうまれるような気がしてしまいます。しかし、家を建てた後にプライバシーの確保という問題に直面すると、カーテンを閉めっぱなしという家になってしまい、結果的に閉鎖的な家になってしまうでしょう。道路や隣と接していて、視線が気になる部分に中庭をつくり、中庭を目隠しすることで、プライバシーの確保と開放的な空間を両立することができます。家の中からは中庭という空間が広がるため、閉鎖的な印象がなくなります。また、道路からの視線も、壁の次に中庭、その次に家という構図になるため、家の中が見えることはほとんどなくなります。

シュレッダーの目的とは大切な個人情報や重要な企業情報が書かれた紙を小さく刻むことで情報が流出するのを守ることです。