スティーブ・ジョブズが生み出したパソコン

昔のタブレット型端末とiPADの違い

最近は、パソコンの世界でも、タブレット型端末が人気となっています。これは、アップルのiPAD製品が大ヒットしたことによるものですが、このような発想の端末は、以前からあったと言えます。ですが、その当時にヒットしなかったのは、やはり使い物にならなかったからであると言えるでしょう。つまり、スクリーンの上を指でなぞったり、ペンでなぞったりしても、なかなかパソコンの画面が思うように動いてくれなかったわけです。

スティーブ・ジョブズ

ですから、iPADが売れたのは、使い物になる製品であったからと言えるでしょう。そして、この製品を作ったのが、アップルのスティーブ・ジョブズであったというのがまた興味深い点です。というのは、あのマッキントッシュを作ったのもスティーブ・ジョブズで、この製品がもとになってマイクロソフトのWindowsが作られたのですから、今我々が使っているパソコンのユーザー・インターフェースは、事実上スティーブ・ジョブズによって作られたとも言えるからです。

アップルのマッキントッシュ

ただ、マッキントッシュの開発では、彼が同僚の成果を横取りしたとも言われていますし、彼がトラブル・メーカーであったというのも事実なのでしょう。ですから、彼の功績は、とにかく優れたデザインの先進的インターフェースにこだわって、それを見事に実現させた点にあると言えます。Windowsのアイデアも、もともとはゼロックスのパロアルト研究所で開発されていたもので、彼がそのポテンシャルを見抜いて製品化を見事に成功させたという点に、パソコン史上の意義があるのです。

現代はスマートフォンの普及率が進みパソコン離れをしている若者が増えていますが、仕事で必要なスキルとなるので、使い方は知っておくべきです。